医療脱毛でわきがのニオイを軽減

ニオイ

ムダ毛の自己処理が無くなり楽になるだけではなく、脇脱毛は脇の嫌なニオイも軽減することが期待できます。医療脱毛はクリニックで医療レーザーを使った脱毛方法です。レーザーを使った施術は永久脱毛も可能でわきがも軽減することができます。脇にアポクリン汗腺とエクリン汗腺、皮脂腺があり、これらの汗腺から汗が分泌されますが、どの汗腺から分泌される汗も最初は臭いはないのですが、3つの汗腺からの汗が混ざり特にアポクリン汗腺からの汗は皮脂やアルコールなどが含まれているので細菌が汗を分解していく過程で酸化してわきがとなります。

脇には毛が生えていて、その毛に汗が付着して汗を蒸発させる役割がある脇毛がわきがの原因として働くことにもなります。脇毛がなくなることで汗も付着することはないのでわきがを軽減したり抑えることが期待できます。クリニックでの医療レーザーは、脇の下にレーザーを照射しますが、このレーザーがアポクリン汗腺などの汗腺にダメージを与えます。

わきがのニオイの原因となる汗がでる仕組みを弱める働きがあり、ニオイが抑えられる効果もあります。わきがの根本的な解消は美容外科などで手術など治療することが必要ですが、医療レーザーで脇脱毛することはわきがを軽減することに繋がります。