医療脱毛は亜酸化窒素などの麻酔も

酸化

脱毛効果が高いのはクリニックなど医療機関でのレーザー脱毛です。

クリニックで施術が可能なレーザー脱毛は、特定の色に反応する特性を使った方法で、レーザーを照射することで毛根の黒色のメラニン色素に反応して熱に変換されて毛根と毛根周囲の毛包を破壊します。細胞を破壊することで永続的な脱毛効果が得られます。クリニックによっては肌質や肌色、毛質などに合わせて最適な施術ができるようにマシンを揃えているクリニックもあります。

クリニックでの医療脱毛は効果は高いものの痛みを懸念する人も少なくありせん。クリニックでの施術は照射するスピードが速く肌に負担がかかり痛みもありますが、痛みを感じる時間も少ないということになりますが、痛みが弱い場合にはクリニックなので麻酔を使って施術することも可能です。従来のマシンとは異なり痛みを感じることは少なくなっていますが、個人差はありますが痛みを感じることはあり得ます。クリニックによっては笑気麻酔、麻酔クリームなどいくつかの麻酔を用意していることがあります。笑気麻酔は亜酸化窒素と医療用酸素を使った麻酔でお酒を飲んで酔ったような状態に近い感じで痛みも殆ど気にならなくなる麻酔です。

クリニックで効果の高いレーザーを使った施術をやりたくても施術時の痛みで躊躇している場合は、クリニックで医師に相談することで麻酔を使っての施術も可能になります。